高濃度水素水を自宅で作る方法はありますか?

高濃度水素水 コラム

今、注目の高濃度水素水を新鮮な状態で気軽に飲みたいという

方が増えており、そういった方は、家庭で高濃度水素水を作る
ことが出来るタイプの商品を選んでいらっしゃるようです。

 

こちらでは自宅での高濃度水素水の作り方、そして、
その長所と短所をご紹介していきます。

 

 

耐圧ペットボトル×水素発生剤

高濃度水素水 コラム

 

専用の耐圧ペットボトルの中に、水素発生剤を
投入することで、高濃度水素水をつくります。
放置の時間によって、比較的高い濃度
水素水にすることが出来ます。

 

<長所>

  • ・メンテナンスの手間がかからない
  • ・水以外にも使用することが出来る
  • ・比較的簡単に高濃度水素水を作ることが出来る
  • ・コスパが高い
  • ・専用機器への初期費用がかからない

 

<短所>

  • ・完成までに時間がかかる
  • ・完成後、すぐに飲まないと水素の濃度が下がってしまう

 

 

スティック

高濃度水素水 コラム

 

水素を発生させることが出来る、マグネシウム
などが入ったプラスティックのスティックを水の中に
入れることで、高濃度水素水を作り出す。

 

<長所>

  • ・携帯に適しているため、家庭以外の場所でも使える
  • ・長い期間使用することが出来るため、コスパが高い
  • ・1回の購入で3ヶ月〜1年使用出来る

 

<短所>

  • ・完成後、すぐに飲まないと水素濃度が下がってしまう
  • ・マグネシウムを過剰に摂取することによる体質の不安
  • ・長い期間しようするので、少しずつ効果が下がる
  • ・メンテナンスや清掃の手間がかかる

 

 

水素発生器

 

長く高濃度水素水を飲む場合や大勢で使用
するのに適している、水素製造器です。
小型で軽量のものから、据え置きタイプの大型のものまで
あり、分離生成方式のものや、水を電気分解したりします。

 

<長所>

  • ・機器にかかる初期の費用はあるが、ランニングコストは良い
  • ・場所や使い方からサイズを選ぶことが出来る

 

<短所>

  • ・機器の初期費用
  • ・機器が劣化していくため、徐々に水素濃度が下がってくる

 

 

タブレットタイプ

 

粉末状の水素をタブレットにし、それを水に
溶かすことで高濃度水素水を作ります。

 

<長所>

  • ・簡単に作れる
  • ・ミネラルやビタミン配合のものもある
  • 持ち運びに適しているため、自宅外でも飲める
  • ・コスパが良い

 

<短所>

  • ・添加物が使用されていることがある
  • ・完成後、すぐに飲まないと水素濃度が下がってしまう

 

 

水素サーバータイプ

高濃度水素水 コラム

 

外見はウォーターサーバーと同じ。
設置型で、ミネラルウォーターや浄水などに、
高濃度水素水を溶かすタイプです。

 

サーバーには種類があり、温水・冷水・常温が選べるものや、
工事を行い、水道と繋げることが出来るタンク型もあります。

 

<長所>

  • ・大勢が一度に飲むことが出来る
  • ・飲みたい量をすぐに飲むことが出来る

 

<短所>

  • ・設置初期に費用はかかるが、コスパは良い
  • ・レンタル料またはメンテナンスに費用がかかる
  • ・設置するためのスペースの確保

 

 

このように、自宅で高濃度水素水を作る場合、メンテナンスの費用や
添加物の不安、そしてコスパなどそれぞれに長所と短所があります。

 

高濃度水素水を試してみたい…という方は、いきなり大がかりなもの
ではなく、1回飲みきりタイプのボトルやアルミパウチのものを飲んで
みるなど、いくつかの中から自分に合ったものを選んでみましょう。